医療法人社団 楽聖会(らくせいかい)

サイトマップ個人情報保護方針お問い合わせ

リハビリテーションセンター「らくせい」
イベント・お知らせ

【皆様はどのくらい分かりますか?】

 お世話になっております。理学療法士の柏倉です。今回は、当センターの脳活性活動の中で行った”山形の方言クイズ”をご紹介します。
 
 普段はあまり意識せずに使っている言葉を標準語の意味に変換する脳トレですが、いざ言い直すとなった時には難しさがあるようで、参加されていらっしゃる皆様も頭をフル回転させておりました。

 無意識な事を意識的に行う事は身体的にも脳機能的にも良い刺激を受けられます。この投稿をご覧になって頂いている方も是非問題を解きながら頭をフル回転させてください!

#リハビリテーションセンター
#らくせい
#脳活性活動
#山形方言クイズ

屋外歩行練習

 

こんにちは。最近寒暖差が激しく、体調いかがでしょうか?作業療法士の多田です。こちらでのご挨拶が遅くなりましたが、3月末から育休から復帰させていただきました!皆さんのお役にたてるように頑張りますのでこれからもよろしくお願いいたします(^_^)

この前は近所の公園へ屋外歩行練習(お散歩)へ行ってきました。天気も良く、お話しながら楽しい時間を過ごすことができました。
当センター内でも皆さん元気に運動を行ってくださっております。是非ご興味ある方はご連絡ください!

#リハビリテーションセンター「らくせい」
#リハビリ
#理学療法士
#作業療法士
#屋外歩行練習

 

ご家族が感じた変化

こんにちは!介護士の船田です。
今日はいつもより寒さを感じる日となっています。「週末は30℃になる!」と、利用者様からお聞きし、気温差にびっくりしているところです。
 さて、リハビリテーションセンター「らくせい」を約4か月利用し、身体機能が向上した利用者様がいらっしゃいます。送迎時にご家族へ、ご自宅での変化をお聞きしたところ、
「ドライブに行った際、急な階段を昇って展望台に行かなければならなかったため、本人には待っているように伝えたが、私(妻)でもやっと昇った階段を介添えなしで昇ってきたのにはびっくりでした。」「今まではお出かけに誘っても家で待っていることが殆どだったが、利用して4か月で足に自信がついたのか、必ず外出についてくるようになった。車で待っているように伝えても、せっかく来たのだから…と積極的になった!」
とのお言葉を頂きました。ご本人だけでなく、ご家族にも変化を実感して頂く事が出来、職員一同、大変嬉しく思います!

家屋評価、福祉用具貸与

気温も20℃まで上がり、市内は桜が満開となりました。
こんにちは。作業療法士の髙槁です。
要介護者対象のリハビリテーション会議、要支援者において、セラピストが家屋評価や希望、必要に応じた福祉用具貸与や住宅改修の提案、選定のお手伝いを行っています。
今後も福祉用具を必要とされるケースがありましたら、お気軽にご相談ください。
#山形市
#通所リハビリテーション
#楽聖会
#リハビリテーションセンターらくせい

 

報酬改定について

お世話になっております。楽聖の古澤です。
いよいよ令和6年度がスタートしました。
今年度は報酬改定に伴い、皆様大変お忙しく対応されているのではないでしょうか。
ご存じの通り、当センターを含む(介護予防)通所リハビリテーションにおいては6月改定となりますので、ご対応の程、宜しくお願いいたします。
さて、今回はケアプラン作成に関わる皆様へ福祉用具貸与をプラン位置付けの際にご留意頂く内容です。
指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準(平成11年7月29日老企第22号)における3運営に関する基準、㉓福祉用具貸与及び特定福祉用具販売の居宅サービス計画の反映(第22号・第23号)において、対象福祉用具の提案を行う際、利用者の心身の状況の確認に当たっては、利用者へのアセスメントの結果に加え、医師やリハビリテーション専門職等からの意見聴取、退院・退所前カンファレンス又はサービス担当者会議等の結果を踏まえることとされています。
当センターでは要介護者対象のリハビリテーション会議に加え、要支援者においても家屋評価や希望、必要に応じた福祉用具貸与や住宅改修の提案、選定のお手伝いを行っています。
また、6月改定において(介護予防)通所リハビリテーションへ新設される退院時共同指導加算に基づき、当センターセラピストが退院前カンファレンス参加の体制を整えると共に退院後のスムーズな在宅生活の再開をサポートさせて頂きます。
リハビリテーションと合わせて、福祉用具を必要とされるケースがありましたら、お気軽にご相談ください。職員一同、親身かつ丁寧に対応させて頂きます。
宜しくお願いいたします。

【口腔機能アセスメント】

 

 お世話になっております。リハビリテーションセンター「らくせい」の柏倉です。
 当センタ ーでは、口腔機能アセスメント(お口の中の状態の評価等)にも注力しております。お口の状態が悪化することで力が出にくくなったり、食事の摂取量が減って栄養不足になってしまうリスクが高くなります。
 当センターでは、ご利用者様の心身状態の改善だけでなくお口の健康状態も見ながら皆様に安心してご利用して頂けるように努めてまいります。

♯リハビリテーションセンター
♯楽聖会
♯理学療法士
♯作業療法士
♯口腔機能アセスメント

調理リハビリ

 

 

 こんにちは!長男の中学校卒業、次男の小学校卒業を無事終えた船田です。
 さて、今日は訓練の一部である調理を通したリハビリをご紹介します!
 今回は、大根の煮物を作ろうということになりました。ピーラーで皮をむき、一口大に切って味付けする作業をお願いしました。リハビリに対して拒否がある利用者様も、意欲を持って取り組んでくださいました。また、実は調理師の免許を持っていた!という利用者様もおり、現役の頃の話をしながら和やかに行いました。感染防止しながら、できた煮物は皆さんでおいしく頂きました!もちろん職員もいただきました(笑)

通リハの日常

皆さん、こんにちは。作業療法士の髙槁です。
寒暖差が激しくて風邪など引いていないでしょうか?
三連休ですが、ご利用者様方は一生懸命にリハビリに取り組まれております。
「春に川原を歩きたい」「腰痛を何とかしたい」「認知症予防」など様々な目的で取り組まれております。
セラピストの評価に基づき、それぞれの目標に有ったリハビリ提供を行っております。
見学、相談も随時、受け付けておりますので、お電話連絡ください。
#山形市
#山形県
#通所リハビリテーション
#介護保険
#楽聖会
#リハビリテーションセンターらくせい

 

 

 

 

 

 

 

認知症への取り組み

高い山にも雪が降り、山形市では急に寒くなってきました。
こんにちは作業療法士の高橋です。
急に寒くなってきましたが、ご利用されている方々は元気にコグニバイクを使って頭も体も鍛えております。
私たちは運動プログラムを通して脳血流を促し、認知症発症予防、認知機能の著しい低下を防ぐようにしています。
また、こころのクリニック山形の古澤医師もリハビリ会議に参加して頂く事で、認知症への対応をアドバイスして頂いております。
認知機能低下予防、認知症への対応、リハビリテーション等の相談がございましたらリハビリテーションセンター「らくせい」までご連絡ください。
♯山形市
♯通所リハビリ
♯楽聖会
♯作業療法
♯理学療法

ぜひ、ご一報ください(*^-^*)

こんにちは!リハビリテーションセンター「らくせい」相談担当の船田です。寒さを感じることが多くなり、木の葉もだんだん色づいてきました。
 さて、ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、リハビリテーションセンター「らくせい」は、こころのクリニック山形に併設した通所リハビリテーション事業所です。合計6名(うち、1名はかわいい男の子を子育て中!)の理学療法士・作業療法士が在籍しています。入浴や食事提供はなく、短時間(2~3時間)で集中したリハビリを定期的に実施していく事で、機能の維持回復を図ることが出来ます。ご利用者一人ひとりに対して、担当制をしいており、その担当リハビリ職員が、心身機能の評価内容やご利用者・ご家族の希望等に沿ってリハビリ計画を作成し、それに基づいて、一人当たり約20分間の個別リハビリを実施しています。マシンを中心とした運動ではなく、ご利用者一人一人に合わせたオーダーメイドのリハビリを提供しています。身体リハビリの他、認知機能のリハビリテーションも実施しています。
「自分で出来ることを増やしていきたい!」「リハビリだけを集中して行いたい!」「リハビリを受けてもっと元気になりたい!」等とお考えのご利用者の思いに沿ったサービスを提供致します。
 興味のある方や該当するご利用者を担当しているケアマネージャーの皆様、ぜひ、こちらまでご連絡ください。
こころのクリニック山形 リハビリテーションセンター「らくせい」 TEL:023-682-7575

スペシャルコンテンツ

お知らせ

  • 介護:023-647-6630
  • 医療:023-681-6226
お問い合わせフォーム